スズキ アルトの中古車はどれがいいのか!?

軽自動車界のパイオニア、スズキとダイハツが販売台数首位争いを始めて、かれこれ何年たっただろうか。
一時期はダイハツに首位を譲ったスズキだつたが、ここのところハスラーといった軽自動車では珍しいジャンルの車を発売し新しい風を業界に吹き込んだことは記憶に新しい。

 

そんな中、やはり一番注目されているのはスズキ、アルトエコとダイハツ、ミライースの低燃費争いではないだろうか。
現記事を執筆中は先日のダイハツミライースマイナーチェンジによる軽自動車燃費ナンバーワンが話題になっているが、スズキ、アルトエコもこの状況を指をくわえて見てるわけにもいかないだろう。

 

前置きが長くなったが、タイトルにある、スズキ、アルト中古車だがアルトという自動車は実に歴史がある。
初代な驚異的な金額で世間をさわがせた。
(さすがに中古車では現存しているタマはほぼないだろうが)実際のアルトの中古車で現実的な世代は現行〜二代前までだろう。
現行型のアルト、アルトエコもインターネットや中古車情報誌で驚くほど流通していることが確認できる。
しかし、その大半は新古車、未使用車といったもの(カーディーラーやメーカーが販売台数確保のため会社名義等で登録している)であり実質的な中古車はまだ少ない。
となれば一世代前の四角い形をしたアルトであろう。
この型はなかなか個性的な形状なので、一度街中で発見すると直ぐにアルトだとわかる。
四角いライトに角ばったバックドア上部。
内装に関しても白物家電的なアッサリしたもので、個人的には可もなく不可もなくといったところか。
各々好みはあるだろうが、私はあまりこのみでない。
ただ中古車の金額は非常に魅力的だ。
あまり人気がないのか、新車価格が安かったためか50万円もだせばほぼ選びたい放題といった状況だ。
とくに車にこだわりがなく乗れれば何でも良いという人にオススメ。

 

さらにもう一世代古いタイプのアルト。
この型は最近めっきり減ってきたように思う。
さすがに見た目も古さを隠せなくなり街中で乗っているひとも、ほんの一握りだ。
ただ車自体は非常に頑丈にできており、K6Aエンジン(最近までスズキの主力エンジンだった)のオイル漏れなどにめをつむれば一桁万円で購入も可能だ。
ただ購入後にメンテナンスの必要はあるので、よほどの思い入れがなければ、積極的に選ぶ年式では、ない。

 

総括すると、一世代前のアルトが中古車としてみたなかで、価格と状態のバランスが良いとおもわれる。

 

 

アルトの値引きにはコレ!